お問い合わせはこちら

一般財団法人 レオ財団

月例会・勉強会

株式会社Y’s Links 代表取締役 米澤 忍 様にご講演いただきました。

『人間関係の質を上げ笑顔があふれる社会を創る ~利き脳から知る自分と他人の圧倒的な違い~ 』

 
2020.03.13
テーマ:教育
 

「笑顔で革命を起こす」をコンセプトに活動されている米澤さん。
個人のパフォーマンスアップに関して長年研究し、企業研修や人材マネジメントを行ってきた中で、
・自分の想いが伝わる人、伝わらない人がいる
・相手のことがわかる人、わからない人がいる
・指示通りに動いてくれる人、動いてくれない人がいる
というようなことが気になっていた中で出会ったのが「行動コミュニケーション」なのだとか。

 

世の中、何かと人間関係・・・
そこには、様々なコミュニケーションギャップが起きている訳ですが、そんな悩みを解決する「人間関係の極意」をお話いただきました。

 

米澤さん①

 

「10秒で診断!人が持って生まれた「先天的な本質」を知れば、自然体でうまくいく!」

 

なぜ、コミュニケーションがうまくいかないのか?
それは、自分の基準で相手の言動を見ているからで、まずは自己理解と他者理解が大事だと仰います。

そして、その前提として先天的な「脳の特性の違いがあるから」なのだとか。

 

思考・言動・行動に影響する脳の癖によってタイプ分けできるそうですが、たった10秒でわかる方法というのが「腕組み」と「指組み」。
その、利き脳の違いによる思考タイプを、それぞれご説明いただきました。

 

【誠】左脳インプット(指組みで左手が下)/ 左脳アウトプット(腕組みで左腕が下)
⇒《有言実行・計画的なタイプ》冷静に分析するのが得意。緻密に計画し、達成できる能力がある。

 

【勇】左脳インプット(指組みで左手が下)/ 右脳アウトプット(腕組みで右腕が下)
⇒《猪突猛進・情熱的なタイプ》可能性に挑戦しエネルギッシュ。行動力があり、新しい道を切り開く力がある。

 

【礼】右脳インプット(指組みで右手が下)/ 左脳アウトプット(腕組みで左腕が下)
⇒《天真爛漫・献身的なタイプ》思いやりいっぱいで人に尽くし、楽しい雰囲気を作れる。人と人を繋ぐ優しい人。

 

【義】右脳インプット(指組みで右手が下)/ 右脳アウトプット(腕組みで右腕が下)
⇒《初志貫徹・天才肌なタイプ》直観とひらめきで行動できる天才肌。美的感覚に優れ、豊かな表現力が特徴。

 

 

「違いを強みに変える!組織が活性化し、人としての器が4倍になる秘訣」

 

米澤さんご自身は「義」タイプだそうですが、パッと突拍子もないアイディアが浮んだ時のやりとりを、タイプ別に解説いただきました。

 

誠の人には「それって計画的にどうするんですか?」と言われ、「反対されてるの?」と感じてしまう。
礼の人には「もっと詳しく聞かせてくれる?」と言われ、面倒に思ってしまう。
勇の人には「誰がするの?何をするの?」と言われる、詰められているように感じてしまう。

 

それが、この行動コミュニケーションを理解するようになってからは、
誠の人には「どうしたらいいか一緒に考えてくれる?」
礼の人には「皆が楽しく参加したくなるように伝えるストーリーを作ってくれる?」
勇の人には「誰が何をすればよいか一緒に考えていこう!」
という具合に、それぞれの強みを生かしながら、チームとして大きな力を発揮していくことができるようになったと言います。

 

タイプにより異なる、モチベーションや喜びを感じること、概念など、具体的な事例を交えお話しいただく度、当てはまるタイプの皆さんが大きく頷かれているのが印象的でした。

米澤さん②

 

「行動コミュニケーション」は、4つのタイプに「仁」という概念が加わるそうです。
互いの違いを理解して認め合い、支え合う、これが「仁」。

この勇誠義礼仁というのは、新渡戸稲造氏の書籍『武士道』から引用しており、日本の武士の持つ心や「思いやりの心」という意味を込めています。

 

「違い」を「強み」に変えることで、組織視点で言えば最強のチームワークを築くことができ、個人視点で言えば、自分と違うタイプの人を認められるようになり人としての器が4倍に。

 

コミュニケーションが豊かになり、世の中がハッピーになればという想いで活動されている米澤さん。
是非、皆さんもまずはご自身や身近な方のタイプ(脳の癖)を知ることから、始めてみてはいかがでしょうか。

 

■略歴
株式会社Y’s Links 代表取締役 米澤 忍
一般社団法人 倫理研究所 法人レクチャラー 豊中市倫理法人会 相談役
一般社団法人 行動コミュニケーション協会 大阪校 校長プレミアム認定講師
公益財団法人 国際人材普及振興協会 理事
「働く人々が輝いている社会を創る」「自然体で成果が出る組織を創る」
スポーツメーカーに就職後、ファッションモデルから専業主婦を経て、人材派遣、出版社での『飛び込み営業』の企画営業部長を経験し、2012年独立。
株式会社Y’s Linksを設立し、顧問先営業職の育成で成果を上げ、赤字ホテルの再建事業を2年間任され、3ヶ月で単月黒字へV字回復させた実績を持つ。
現在は、実践型研修『スマレボ』をベースに、輝いて働けるステージを創造している
★HP/ http://yslinks.jp/
一覧へ

Copyright (C) 2014 レオ財団 All Rights Reserved.